手軽に手に入る!どこでも購入可能な足汗対策グッズを紹介!

足の裏は顔や手のひらと同じくらい汗をかく部分ですが、常に靴を履いているため、こまめに拭いたり着替えたりするのが難しく、ケアしていないと蒸れて臭いが発生したり、水虫などの皮膚トラブルにつながってしまいます。

 

そこで日頃からケアできるよう、ドラッグストアやスーパーなどで、手軽に購入できる足汗対策グッズについて調べてみました。

 

靴の中敷きで汗を吸収

足汗で困るのが、靴の中が汗で蒸れてしまうことです。これは汗をかいてもストッキングや靴下が汗を吸収しにくい素材であったり、合皮の靴で通気性が悪く、汗が蒸発できないためです。

 

このようなときは、靴に汗を吸収する中敷きを使用するのがおすすめです。

 

靴の中敷きにも様々な種類があり、使い捨てのものや洗って繰り返し使えるものなどがありますが、いずれにしても常に清潔な状態のものを使うようにしましょう。

 

抗菌素材でできて臭いを防止するものや、速乾性に優れたものなど、メーカーによって工夫がされているので、目的に合ったものを選びましょう。

 

足用制汗剤で汗と臭いをブロック

汗を抑えると言えば制汗剤が思い浮かびますが、蒸れて臭いがこもりやすい足には足専用の制汗剤を使用するのがおすすめです。

 

普段から靴下と靴を履いていると、いちいち靴下を脱いで制汗剤を塗りなおすのは大変ですから、効果が長時間持続するクリームタイプがおすすめです。

 

また、仕事の後にお座敷の店に入るときや、よその家に上がらなくてはならないときなどに便利に使えるのが、足にスプレーする足用のデオドラント剤です。

 

ストッキングや靴下の上からシュッとひと吹きするだけで臭いを消してくれるので、普段から常備しておくと便利でしょう。

 

つま先を快適にする汗取りカバー

足の中でも汗が溜まりやすいのが、指の付け根や指の間のつま先部分です。5本指に分かれた靴下ならば、指の間の汗の吸収もよく、蒸れを軽減することができ、足の指を一本ずつ包んでいるので保温効果が高いので冷え性対策としても使用できます。

 

しかし、サンダルやパンプスなど、靴下を合わせにくい靴を履くこともあるでしょう。そのようなときに便利なのが、つま先につける汗取りカバーです。

 

オープントゥ用に指部分が開いているものもありますので、カバーが靴の外から目立たずに汗対策を行うことができます。

 

まとめ

足は汗をかきやすい上に、靴や靴下を履いていているので、こまめにタオルで拭いたり洗い流したりするのが難しい部分です。靴の中が汗で蒸れると臭いが発生しやすくなりますが、靴の中敷や足用制汗剤など、手軽に購入できる足汗対策グッズでケアすることができます。