何故か夏よりも冬が臭う!季節と足の臭いに関係性はあるの?

汗臭さや体臭がキツイ季節と言えば、夏の暑い時期というイメージがありますが、足の臭いは、夏だけでなく季節を問わずケアしていないとすぐに臭ってしまいますから、季節に応じて正しくケアしていきましょう。

 

一年を通して足が臭う理由

足の臭いだけでなく、体臭が発生する主な原因は、汗と雑菌によるものです。汗をかいて皮膚表面の湿度が高くなると、雑菌が繁殖し、角質や皮脂を分解して臭いを発生させます。

 

夏は一年のうちでもたくさん汗をかく時期ですから、汗臭さなどの体臭が発生しやすくなりますが、気温の下がる冬は、汗をかく機会が減るため、臭いの発生も少なくなる傾向にあります。

 

しかし、足に関しては、靴を履いている時間が多い上、汗腺が密集しているため、季節を問わず汗をかきやすい部分です。また、通常は汗をかきにくい冬でも、冬にブーツなどの密閉性の高い靴を履いていると、夏以上に汗をかきますから、一年を通して臭いケアが必要です。

 

季節に合った足の臭いケア

足の臭いの発生を抑えるには、足の通気性を良くして、汗で足が蒸れないようにすることと、足を清潔にして雑菌の増殖する原因となる垢や皮脂を溜めないことが大切です。

 

夏は汗をたくさんかく季節ですが、サンダルなどの通気性の良い履物を履くため、足の臭いはあまり発生しないように見えます。しかし、サンダルは素足で履くことが多いため、汗をかいても、吸収してくれるものがありません。

 

また、通気性が良いといっても、足の裏や甲の部分は肌と密着しているため、湿度が高くなり雑菌が繁殖してしまいます。サンダルだから大丈夫と油断せず、汗をこまめに拭き取ったり、サンダル用のインナーを利用して、汗と臭い対策を行うと良いでしょう。

 

冬は通常、気温が下がるので汗をかきにくいと思われていますが、冬は体温を保とうと基礎代謝が上がるため、ちょっと身体を動かしただけで汗が出やすくなっています。建物の中は暖房で暖められているので、意外と汗をかいているものなのです。

 

さらに、冬はブーツなど通気性の悪い靴を履くことが多く、すぐに足が蒸れてしまい、細菌が増殖して臭いが発生しやすくなります。

 

冬でも足は毎日洗って古い角質や雑菌をためないようにケアしたり、長時間履いた靴の中には吸湿剤を入れて、毎日同じ靴を履かないなどの工夫をすると良いでしょう。

 

まとめ

汗や体臭は夏のほうが強いというイメージがありますが、汗腺が多く、靴を履いて通気性の悪い足は、一年を通して汗をかきやすく、臭いが発生しやすい部分です。冬だからといって油断せず、季節に合ったケアを行って、靴と足の臭い対策を行うことが大切です。