足汗と靴下は関係ある?靴下は通気性のよい素材がよい?

ワキの下や顔にかく汗と違って、足の裏にかく汗は、靴を履いていると蒸発しにくいため、すぐに蒸れて臭いが気になってしまいます。

 

特に仕事などで一日中靴を履いて立ちっぱなしだったり、歩き回ることが多いと、一日履いた足からは悪臭が発生し、靴にも臭いがついて取れないということは多いと思います。

 

靴と一緒に靴下やストッキングを身に着けることは多いと思いますが、これらの素材と足の臭いの関係について調べてみました。

 

足汗対策には靴下選びがポイント

通常、足の裏には1日でコップ1杯もの汗をかくと言われており、足には、ワキの下や頭皮と同じくらい汗腺が密集しています。

 

しかし、足は靴を履いていることが多く、体の他の部分のように外に露出していないため、季節を問わず汗をかき、密閉された環境にあるため蒸れやすい傾向にあります。このような状態は、悪臭を発生させる雑菌の繁殖に適した環境であるため、足は臭いが出やすいのです。

 

足の臭いを抑えるためには、汗で足が蒸れないよう対策を行うことが重要だと考えられます。足に直に接している靴下やストッキング選びは、足汗対策の中でも重要なポイントです。

 

仕事上、ストッキングにパンプスを履いているという人は多いかと思いますが、ナイロンやポリウレタンなどの化学繊維でできたストッキングは、吸湿性が良くないため、汗を吸収しにくく、すぐに靴の中が蒸れてしまいます。

 

この点、綿素材の厚手の靴下なら、汗を瞬時に吸収してくれるため、足の蒸れも軽減することができます。

 

どうしてもストッキングを履かなくてはならない場合は、化学繊維のものより多少高価になりますが、シルクや綿素材のストッキングに変えると、汗を吸収してくれるので、靴の中の蒸れが軽減されるでしょう。

 

化学繊維のストッキングを履く場合は、汗で蒸れる前に履き替えたり、ストッキングを履く前に制汗剤をつけておくと良いでしょう。

 

靴の中が蒸れにくい靴下

足汗対策に配慮して靴下を選ぶなら、通気性、吸湿性に優れた素材のものを選びましょう。綿やシルクなどの自然素材がおすすめですが、中でも綿100%かそれに近いものなら、比較的手に入りやすく、手ごろな価格で販売されているので足汗対策として有効でしょう。

 

さらに、5本指に分かれている靴下なら汗が溜まりやすい指の間や、指の付け根の部分の汗を吸収して、蒸れを予防してくれます。さらに冷え対策にも有効であると言われているので、冬のブーツスタイルには手放せないアイテムとして愛用している人も多いようです。

 

まとめ

足には1日にコップ1杯ほどの汗をかくと言われており、靴の中でかいた汗が吸収されずに時間が経ってしまうと、靴の中が蒸れて足独得のイヤな臭いが発生する原因となりますから、吸湿性の良い靴下やストッキングを身に着けることが足汗対策として有効です。

 

さらに5本指に分かれた靴下なら、足汗の溜まりやすい指の間の汗も吸収してくれるので、長時間靴を履いたあとの蒸れ軽減に役立つでしょう。