体温調節も関係している?一日に足汗をかく量は決まっている?

靴を履く現代人にとって、足汗は足が蒸れて臭いやかゆみの原因となる悩みの種ですが、実は体の調子を整える上で必要な機能なのです。足汗の役割や発汗の仕組みを理解して、正しく対策を行いましょう。

 

一日にかく足汗の量はコップ1杯程度

足の裏は普段は靴下や靴を履いていて、周りから見えないためによく知られていませんが、ワキや額と同じくらい汗腺が密集しているため、汗をかきやすい部分です。

 

一般的には季節を問わず、一日にコップ一杯以上の汗をかくと言われています。

 

呼吸や代謝など生命維持に必要な機能を調節しているタンパク質は、高温になると変性して機能が低下し、生命活動の存続に関わります。このため、運動したり気温の高い環境にいて、体温が上がると、タンパク質の変性を避けるために発汗によって体温を下げています。

 

足の裏の汗にも体温調節の役割がありますが、その他に余分な水分の排出という役割もあります。

 

足の裏にかく汗には、体温調節のための発汗と、緊張や不安など精神性の発汗があります。緊張すると手に汗を握るなどと言いますが、実はこのとき手のひらだけでなく、足の裏にも汗をかいています。

 

これは、人類がまだ樹上生活をして野生動物の危険と隣り合わせだった時代に、手足が汗で適度に湿っていたほうが、木をつかんだり、地面を強く蹴って走ったりするのに都合がよかったためと考えられています。

 

また、緊張や不安だけでなく、窮屈な靴を履いていたり、ハイヒールで足の一部に大きな圧力がかかっている状態だと、足がストレスを感じて発汗が起こります。

 

体の仕組みに合った足汗対策

このように、足汗は体温調節や、手足に適度な摩擦を与えるために必要な機能です。しかし、空調が完備され、野生動物の襲撃に怯える必要のない現代人にとっては、足汗によって臭いや皮膚トラブルなどで不快に感じることがあるでしょう。

 

足汗には体温調節の役割がありますから、足汗を止めるには、冷やすことが有効と言えます。ひざの裏や太ももの付け根など太い血管が通っている部分を保冷材などで冷やすと足汗や体の汗が引くでしょう。

 

ただし、足元が冷えると交感神経が刺激されて、余計に発汗が促進されることがありますから、冷やし過ぎは禁物です。

 

また、緊張して汗が出ると、もっと汗をかいたらどうしようと不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、不安によって余計に汗をかいてしまいますから、緊張して汗をかくのは、当然のことですから、あまり悩む必要はありません。

 

どうしても気になるようなら制汗剤を使用したり厚手の靴下を履いて、多量に汗をかいても大丈夫なように対策しておくと安心ですね。

 

まとめ

足の裏には汗腺が密集しており、一日にかく汗の量はコップ1杯ほどと言われています。足汗には体温調節のほか、体の余計な水分を排出したり、活動しやすいよう湿り気を与えて適度な摩擦を作り出すなどの役割があります。